<< PlayStationHomeのお正月 | main | 久しぶりにデモンズソウルやってみた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

デモンズソウルBest出るよ!

評価:
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 3,382
(2010-02-25)
Amazonランキング: 32位

2010/02/25にデモンズソウルがベスト版で販売されます!
公式発表ではなく、amazonのフライングなので発売日等は変更になる可能性はありますw

  
1年経っても根強い人気ですねー発売日組ですが、デモンズソウルをプレイした時は
歴史に名を残す神ゲーに立ち会えた気がしました。



Bestも出るので久しぶりに復活してみようかな。



黒ファンで塔1と谷2で初心者狩りだー

 
OP AA

   
  
ラトリアAA   





関連記事


http://curt.jugem.jp/?eid=103
http://curt.jugem.jp/?eid=82
http://curt.jugem.jp/?eid=81


 
折りたたみ、デモンズ伝説
 
■死にたい人にお薦めのゲーム、デモンズソウル死にたい人にお薦めのゲーム、デモンズソウル
  ・ ファントム含め3人なら大丈夫だろうと思っていたらマンイーターに全員叩き落とされた。
  ・ 神殿に着いた段階で既に血痕がいくつも残っていた 。
  ・ 足元に妙に血痕があると思ったら、死因が全員転落死だった。
  ・ アイテムが重量オーバーの状態で切断され、再び開始したらそのアイテムが消えていた。
  ・ 冒険者が嘘メッセージに誘導されて落ちた、というか落とすために嘘メッセージを置いてる。
  ・ 王城1からアイテムまでの間に雑魚にやられた。
  ・ 神殿ならば安全だろうと思ってコントローラーを置いたら、誤爆でNPCを攻撃してしまった。
  ・ プレイヤーの1/3がPK経験者。しかも生身を殺せば自分が生き返るというシステムから「生身ほど危ない」
  ・ 「そんな危険なわけがない」といって次のエリアへ出て行った生身が5分後ソウル体で戻ってきた。
  ・ 「もう一度取りに行けば取り戻せる」とソウル体で自分の血痕まで行こうとしたプレイヤーが、ソウルをロストして戻ってきた。
  ・ 最近流行っている稼ぎは「死神マラソン」 死神を殺した後外で転落死する。
  ・ 王城1で心が折れる確率が150%。一度心が折れて、やり直した際にまた折れる確率が50%の意味。
  ・ デモンズソウルにおける転落死による死亡者は1日平均120人、うち約20人が生身。


■そんな全盛期のデモンズソウル伝説そんな全盛期のデモンズソウル伝説
  ・ 霧ゲート通過毎5回死亡は当たり前、チュートリアル8回死亡も
  ・ 新エリア攻略開始直後、黒いファントム乱入を頻発
  ・ プレイヤーにとっての指差しは礼のコントローラー振りそこない
  ・ 黒いファントムがホストプレイヤーを追って1-2ドラゴンで焼死も日常茶飯
  ・ 召喚ファントム二体、チームメイト全員レベル100超えの状況から返り討ち
  ・ 拠点である神殿でも余裕で転落死
  ・ 魔法引き撃ち中に壁際に追い詰められるのが特技
  ・ 赤眼騎士が槍を持つだけでプレイヤーが泣いて謝った、ソウルロストするプレイヤーも
  ・ ゲームクリアでも納得いかなければ火防女を踏みつけて帰ってきてた
  ・ あまりに死にすぎるからしがみつく者の指輪がデフォ装備
  ・ そのしがみつく者の指輪の底上げHPでも即死
  ・ 弓兵を一睨みしただけで矢が三本飛んで来る
  ・ 武器を使わずに素手で殴ってたことも
  ・ 自分の助けたウサミミ暗殺者を自分で殺してして装備を剥ぎ取る
  ・ 雑魚に油断死なんてザラ、リベンジに向かってソウルをロストすることも
  ・ タコ看守にマヒ→ぶっ刺し→立ち上がりに衝撃波コンボを食らってから要石に帰る方が早かった
  ・ 両手持ち大剣をガードしようとした生身と、その隙に致命の一撃しようとしたファントム二体ともども真っ二つにされた
  ・ スッと一礼しただけでコロネ頭に殺されていた
  ・ ストームルーラーでハリケーンが起きたことは有名
  ・ デモンズソウルが作られたきっかけはキングスフィールドのマゾさ
  ・ 二周目のくせに燃えた鉄球の罠に楽々轢き殺されていた
  ・ 油断していると最初のザコにすらフルボッコ。炎で焼け死ぬ事故も多発

at 12:33, Sibo, デモンズソウル

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 12:33, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://curt.jugem.jp/trackback/138